ポテンシャルエンジニリングサービス

エンジニアと違うキャリアを歩んできた、もしくは歩もうとしていた人がエンジニアを目指す時、どのような行動をするかを考えると、まずは独学で勉強することが想像できます。ただし、これでは客観的にどこまでエンジニアリングスキルが上がり、企業へエンジニアとして就職して貢献できるかが本人にも分からないため、採用する企業側もエンジニアとしての採用に躊躇をしてしまいます。
弊社のポテンシャルエンジニアはプログラミングスクールの卒業生を対象としています。エンジニアとして就職するために入学金、授業料と時間を自己投資して決められたカリキュラムを進め、卒業を控えたポテンシャルエンジニアとなります。学習時間もフルタイムで4か月(働きながらだと10か月)程度必要なものとなっており、エンジニアとしての基礎は整っている状態のエンジニアです。
お客様と弊社間でこのポテンシャルエンジニアを3か月間、SESとしてご契約を頂きます。3か月間の開発プロジェクト業務を通じてエンジニアとしての適性を確認し、お客様の企業文化と会うかどうか、また将来的にエンジニアとして更に延びる可能性があるかをご確認下さい。3か月後、弊社との契約が満了した段階で、お客様の採用プロセスに乗せるのか、引き続きSESとして契約を継続することを希望されるのか(その場合はエンジニア本人の意思確認も必要です)、それとも契約を終了するかをご判断して頂きます。


契約可能なエンジニア

2019年1月1日現在、弊社が取り扱えるエンジニアは以下となります。
①Ruby on Railsのポテンシャルエンジニア
➁機械学習のポテンシャルエンジニア

通常のSES

従来のシステムエンジニアリングサービスも行っています。